頭皮ケアはシャンプーが鍵【諦める前に育毛を始めよう】

洗髪

市販品を使用へ

容器

髪質を把握しよう

市販されている白髪染めを使用して、綺麗に髪の毛を染めるためには、髪質をしっかりと把握するということが大切になります。髪質が細くやわらかいほうが、太くかたい髪質である場合と比べて染まりやすいと言われています。そのため、髪質が太くかたいという場合には、明るめの白髪染めを使用する場合には希望する色よりも明るめの色を選ぶようにしましょう。白髪染めの効果は、使用する際の室温により異なります。多くの白髪染めは室温が20〜30度程度での利用を想定しています。そのため、室温が低いと染まりにくくなり、室温が高いと染まりやすくなりますので、白髪染めを利用する際には、室温にも注意が必要となります。室温が20〜30度の場所で使用するようにしましょう。

長持ちさせるコツ

白髪染めを使用した後には、シャンプーを行いますが、この時にシャンプーを使用する前にぬるま湯で薬剤をしっかりと洗い落とすようにしましょう。そして、シャンプーをしっかりと行い、髪の毛や頭皮に残った薬剤を洗い流します。そうすることにより、髪の毛の傷みを抑えることが出来ますし、色持ちを良くさせることが出来ます。シャンプーやコンディショナーは、ヘアカラー用を使用すると良いでしょう。髪の毛同士を擦らないように、優しく洗うということを心がけることで、髪の毛へのダメージを減らすことが出来ます。白髪染めの薬剤を洗い流す前に、浴室を濡らしておくようにすると、白髪染めの浴室への色移りを防ぐことができ、後片付けを楽にすることが出来ます。