頭皮ケアはシャンプーが鍵【諦める前に育毛を始めよう】

洗髪

パサつきにくい髪に

シャンプー

キューティクルの傷

髪のパサつきは、髪の表面のキューティクルに傷がついてしまうことが原因となっています。表面が傷つくことで、そこから内部の水分が抜け出ていき、髪はパサついていくわけです。それを改善するために開発されたのがシリコンシャンプーで、これにはキューティクルの傷に入り込んで、しっかりと埋める性質があります。傷が埋まれば水分は抜けにくくなるので、シリコンシャンプーはダメージヘアに悩む人におすすめされています。さらに昨今では、傷から髪に良い成分を吸収させることができるノンシリコンシャンプーもおすすめされるようになっています。ノンシリコンシャンプーには、天然ミネラルや動物由来のアミノ酸などが配合されています。これらによって髪の栄養状態が良くなれば、髪はパサつきにくくなっていきます。そのため髪質自体を高めたいという人に、ノンシリコンシャンプーはおすすめされているのです。

頭皮の健康状態

このようにシリコンシャンプーもノンシリコンシャンプーも、どちらも髪のパサつきを解消するためには役立ちます。しかしシリコンシャンプーの場合、しっかりと洗い流さなければ、頭皮の毛穴に入り込んでしまうことがあります。髪は毛穴の奥にある毛根から栄養分を得て成長しているので、毛穴が埋まれば、髪は栄養分をうまく吸収することができなくなります。その結果、抜けたり切れたりしやすくなります。ところがしっかりと洗い流すと、頭皮を守っている皮脂まで除去されることになります。それにより頭皮が乾燥しやすくなり、やはり髪に悪影響が出てくる可能性が高まるのです。したがって髪が抜けやすかったり頭皮が乾燥しやすかったりする人の場合、ノンシリコンシャンプーを使用した方が安全と言えます。ミネラルやアミノ酸は、頭皮の健康状態を良くすることにも役立つので、その点でもノンシリコンシャンプーはおすすめされています。